専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介

大学生

学費と入試の難易度

国家資格の診療放射線技師になるためには、3年以上大学か専門学校で学び、国家試験を受けることでなることができます。学費は国公立大学が最もやすく、その代り入試難易度は高くなっています。大病院や放射線治療の世界では大卒の人気が高くなっています。

詳しく見る

鍼灸

東洋医学の専門家になる

鍼灸師とは「はり師」と「きゅう師」の両方を有する、東洋医学の専門家を指します。資格取得には、所定の専門学校か大学の養成課程を修了して、国家試験に合格しなければなりません。その活躍の場は、鍼灸院や病院のみならず、リハビリや美容、リラクゼーションなど広がりを見せています。

詳しく見る

先生

養成機関の特徴

就職先や給与面を考えると、放射線技師になるには大学を出る事が最適と考えられます。しかし、放射線技師を目指すのは全て学生とは限らず、社会人として働きながら専門学校へ通う方もいます。何処で学ぶかはとても大切な事ですが、放射線技師になる事を最終目的とせず、どの様に働きたいかを考える事も大切な事です。

詳しく見る

鍼灸

専門学校で取得できます

鍼灸師は国家資格であり、医療行為を行う専門職です。このため、資格の取得には一定のカリキュラムを学ぶ必要があり、専門学校などに通う必要があります。専門学校の中には複数の資格を同時に取得できる学校もあるため、将来のビジョンに合わせて選択することをおすすめします。

詳しく見る

男性

学習内容と学習期間

放射線技師とは、放射線を使った検査や治療における専門家です。この資格を取得するためには、大学や専門学校で人体や放射線について学習し、国家試験に合格することが必要です。学習は短期大学や専門学校でも可能ですが、最近では4年制大学の人気が高まっています。より充実した学習と就職活動ができるからです。

詳しく見る

東洋医学の治療者になる

施術道具

国家資格で地位を保証

現在、ケガや病気の治療法として一般に認められているのは西洋医学に基づいた技術ですが、中には東洋の伝統医学に基づいたものもあります。その代表格と言えるのが鍼灸です。鍼灸は身体各部に存在するとされる「ツボ」を刺激し、こりや痛み等の解消を目指す技術です。鍼では金属製のハリを突いたり刺したりすることで、灸では乾燥した植物を燃やすことでそれぞれ刺激を与えます。鍼灸をプロフェッショナルな治療技術として扱う人を、鍼灸師といいます。鍼灸師は国家資格となっており、国が指定した養成施設で学んだ後、国家試験に合格することで得られます。といっても鍼灸師という名称の国家資格があるわけではなく、鍼師・灸師という2つの資格を保有する者を鍼灸師と呼んでいます。両方の養成コースを併設している施設が多いこと、実際に2つの資格を持って開業している人が多いことから、一般にはこのように総称されています。鍼灸師の養成施設には厚生労働省が指定した施設と文部科学省が指定した施設の2種類がありますが、国家試験の受験資格を得るための区別は特にありません。また、施設の態様としては大学・短大・専門学校・特別支援学校に区分されます。このうち特別支援学校については、視覚障がい者のみが対象となります。一部を除く大学・短大・専門学校については、晴眼者も入学できます。学習期間については大学及び一部の専門学校が4年間、その他の施設が3年間となっています。カリキュラムの内容については施設ごとに異なりますが、一般的には4年制の方が授業の進め方に余裕があるという特徴を持っています。

Copyright© 2017 専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介 All Rights Reserved.