専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介

専門学校で取得できます

鍼灸

国家資格の一つです

鍼灸師は国家資格の一つであり、指定の専門学校で必要な知識を身につけることで取得できる資格です。一般的に鍼灸師になるためには、高校を卒業後に鍼灸師の知識を学ぶことができる専門学校や医療系の大学などを卒業する必要があります。一定の養成課程は通常3年から4年程度であり、全てのカリキュラムを終業後に国家試験を受けることになります。国家試験に合格後は鍼灸治療院などに就職する場合が多い傾向です。しかしながら、鍼灸治療院の数はそれ程多い訳ではないため、多くの学生が柔道整復師やあん摩マッサージの指圧師なども並行して資格を取得しています。鍼灸師は医療行為の一つとして施術を行う仕事であるため、学校で学ぶ知識は東洋医学を中心として、現代医学にまで及びます。このため、このような学習が好きな人が向いているといえるでしょう。また、資格を取得後はクライアントに実際に施術をする仕事になるため、コミュニケーション能力もスキルの一つとして問われます。日本は高齢化社会が進んでいることから、予防医学や代替医療などが近年、注目を集めています。針や灸もその一つであり、需要が高まっている医療分野と言えます。年々、ニーズが高まっている鍼灸師になるには、自身にあった学校を探すことが大切になります。鍼灸師以外の資格も同時に取得したい場合には、学科が充実している学校を選ぶことをおすすめします。男性ばかりでなく女性も鍼灸師を目指す人が増加してきているため、女性でも通学しやすい学校も登場しています。

Copyright© 2017 専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介 All Rights Reserved.