専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介

学習内容と学習期間

男性

充実した学習が可能

医療機関では、放射線を使った検査が行われています。たとえば臓器や骨などの状態を調べるためのレントゲン撮影や、乳房内のしこりを確認するためのマンモグラフィ、臓器の断面画像を撮影するCT検査などです。いずれの検査も、体に過度に放射線を浴びせないよう細心の注意を払って行われるのですが、その専門家が放射線技師です。臓器や骨における健康維持、および治療には、放射線を使った検査は欠かせません。そのため放射線技師の働きには期待が寄せられていますし、需要の高さから放射線技師の資格取得を目指す人も多くいます。放射線技師は国家資格なので、取得するためには国家試験に合格しなければなりません。そして受験するためには、大学や専門学校で指定された科目の学習を進めることが必要です。具体的には、解剖学などの人体における学習と、放射線物理学など放射線における学習とが必要となるのです。学習期間は通常は、短期大学と専門学校の場合は3年間、4年制大学の場合は4年間となります。短期大学と専門学校の方が、1年早く放射線技師となることができるのですが、近年では4年制大学を選択する人が増えています。設備が整っていることが多く、より充実した学習ができるからです。特に大学付属の病院がある場合は、検査の現場で学習できますし、卒業後にはそこへ比較的スムーズに就職できます。また、短期大学や専門学校を卒業した人と比べると、基本給が高めに設定されることが多いので、その点からもよく選ばれています。

Copyright© 2017 専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介 All Rights Reserved.