専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介

養成機関の特徴

先生

進路と給与に有利なのは

放射線技師を目指す為の養成機関には大学と専門学校があり、どりらかを卒業する必要があります。しかし、近年の傾向として放射線技師には4年制大学卒業者が増えています。4年制大学卒業者が増えている理由には、希望する進路選びや給与面などが影響しています。また、日々高度化する医療の現場では高度な技術力と専門性が求められており、放射線治療の分野では放射線技師に高い資質が求められているからです。大学と専門学校を比較した場合、入学しやすいのは専門学校です。しかし、放射線技師になるには国家試験を受け合格する必要があります。専門学校は入学しやすい半面、卒業のハードルがとても高く、3年間の勉強で国家試験にパスするには相当の努力が必要になります。大学の場合には4年間の勉強を経て国家試験に臨むので、専門学校よりも国家試験に合格しやすくなります。しかし、入学するのに高いハードルがあるのが大学です。放射線技師を目指せる大学には国公立と私立がありますが、国公立に於いてはセンター試験を受ける必要があり相当な準備が必要になります。また、私立に於いては学校によって少し差があるのが事実ですが、受験準備が必要なのは国公立と同じです。また、入学金と学費を含め一番安く学べるのは国公立大学です。入学金と学費を合わせて4年間で約250万円程度で、4年間学んでも専門学校よりも安く済みます。逆に一番費用が掛かるのは私立大学で、4年間で600万円以上掛かると考えられます。放射線技師にな為には、自分に最適な養成機関を選ぶ必要があります。

Copyright© 2017 専門学校で鍼灸師の資格を取ろう|仕事の特徴を紹介 All Rights Reserved.